クリックで開閉

やればできる子で学ぶラノベ新人賞の獲り方 第三回プロット演習 その3 でーま:性転換した親友と過ごす奇妙な2日間

958 名前:山ぶどう ◆wFERcPg/2M[sage] 投稿日:2016/10/19(水) 00:36:50 ID:XPL8/l0w0 [1/4]
今回は短編プロットになります



でーま:性転換した親友と過ごす奇妙な2日間


高校生の主人公と主人公の親友はある日、学校の近くにある神社に伝わる伝説を知る。
それは、夜中に灯りを使わずに神社裏の竹林を反時計回りで周ると願いが必ず叶うというものだった。
親友は恋人を作る為にこれをやってみようと言いだした。
主人公はそんな迷信にすがってまで恋人が欲しいとは思っていなかったが
親友はそうではなかったようで、親友に押し切られる形で同行する事になった。


その日の夜、2人は神社に居た。
主人公は本殿で願い事をした後で竹林を進んでいく。
しかし、数歩先も見えない闇と人の声のように聞こえる風でなびく笹の音に恐怖し
引き返してしまう。

次に、親友が願い事をしてから竹林へと入っていった。
親友は1時間以上経過しても戻ってくることはなかった。
心配になり灯りを持って探しに行こうとした時、主人公は背後から声をかけられる。
振り返ると、そこに立っていたのは同い年の女の子だった。
女の子は自分が親友だと言う一方で、変化に気づき驚く。
主人公は、親友の言うことを信用できず、親友に電話をかける。
が、女の子が着信音の鳴る携帯を見せた事で主人公は目の前の女の子が
親友であることを認めるしかなくなった。


主人公は親友にどうして女の子になりたいなんて願ったのかを訪ねた。
すると、親友は主人公に恋心を抱いていた事を告白する。
男同士でそんな関係になれないことに悩んでいた時に神社の伝説を聞き
これに賭けてみようと思ったのだという。

主人公は話を聞き戸惑ったが、親友を男に戻す為に再び竹林に入る事を決意する。
親友はそれを必死に止めようとする。
それを見た主人公は無理矢理戻したら親友との関係も壊れてしまうのではないかと考える。
両親や学校の事を言って親友自ら諦めてくれるよう説得をするが親友は受け入れようとはしない。
仕方なく、一度家に帰って様子を見ることとなる。


主人公は自分の家には帰らず、ロビーで待機していた。
主人公と親友は同じマンションに住んでいるのだが
すぐに問題が起きて親友の元に駆けつける事になると思っていた為だった。
しばらくして親友から電話がかかってきた。
恐る恐る出ると、親友の声は意外と明るいものだった。
そこで、親友が最初から女の子として生まれた事になっている事を告げられる。
これを聞いた主人公は複雑な心境になる。
と、主人公は親友からデートの誘いを受ける。
断る理由もなかったことからそのまま引き受け、翌日デートする事になる。


スポンサードリンク


959 名前:山ぶどう ◆wFERcPg/2M[sage] 投稿日:2016/10/19(水) 00:37:44 ID:XPL8/l0w0 [2/4]
翌日。
女の子らしい服装で待ち合わせ場所に現れた親友を見て主人公は思わず惚れてしまいそうになってしまう。
主人公がデートの場所に選んだのは電車で30分ほど行ったところにある遊園地だった。
入場券を買っている時、親友は突然不機嫌になってしまう。
機嫌はすぐに元に戻るものの理由が解らず主人公は戸惑う。

その後、いろんな乗り物に乗ったり親友手作りのお弁当を食べたりして楽しいひと時を過ごす。
しかし、あまりにも女の子になりきっている親友を見て主人公は不安を募らせていく。

観覧車に乗った時、主人公の不安はピークに達していた。
そして、主人公は親友に君は本当に親友なのかと尋ねる。
それを聞いた親友は男言葉で話始め、主人公は動揺する。

今度は、親友が主人公に自分を彼女に出来るか尋ねる。
主人公は遠まわしに難しい事を告げる。
それを聞いた親友は男に戻ると言う。
驚く主人公に親友は理由を話し始める。
それは、男だった時の自分が消えていくのが解っているからと言うものだった。
知らないはずの出来事が理解できたり、裸を見て何も思わなくなった自分を見て恐怖を感じたという。
入場券を買う時に不機嫌になったのも、主人公に奢ってもらおうと思ってしまった自分に嫌気が指し
思わず八つ当たりしてしまったのだった。

遊園地から出たところで親友は最後に寄って行きたい場所があるというのでそこに行く事になる。
着いた先は、ラブホテルだった。
男に戻る前にとその気の親友に対し、行為に及んだら男だった事を完全に忘れてしまわないか不安な主人公。
はっきりしない態度の主人公に親友は怒り、主人公は親友に強引にホテルに連れ込まれた。


あれから1か月が経った。
主人公と親友は恋人関係になっていた。
結局、親友は男だった頃の記憶は完全に消えることはなく残ったままだった。
その為か、主人公は親友にエッチないたずらをされたりして何かと振り回される日々を送ることになるのであった。

960 名前:山ぶどう ◆wFERcPg/2M[sage] 投稿日:2016/10/19(水) 00:39:53 ID:XPL8/l0w0 [3/4]
以上です

まだ何か出来そうな気はしつつもどうにもならないといった感じです

961 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/19(水) 00:40:12 ID:FFQCvGHg0
                       ,ィィ      .トト、
                 /:::::{      .|:::::ヽ
                    /::,::::::::|___ .|:::::::::',
                '::::i::::::::|:::::::::::::::::::::`ヽ::::',
                }メ}:::::/::::::::::::::::::::::::::ヽjメ
               /メ::::j::/::::/:::::::::::::::::i::::ヽ::::Vメ
               ,::::::メメ/::::/:::::::::{::::::::::}:::::::',::::',
               i::::::::::: |:::::|ハ从ハ:::::::::ハ从ハ:::::!
               l::::::::::: |:::::|  ∩ |:::::/ ∩  !::::!   お疲れ様です。
               |:::::::::::|:::::| U j/  U  |::::|  短編ということですが、想定しているページ数はどのくらいでしょう?
               |:::::::::::|:::::|            |::::|  
               |:::::::∠:::::ミ=-  r -y  ∠::::ヽ  
          /レィ.  __|:::::::::ハ::::|≧= r -- tァイ}::::「   
          ./:::::::::::し.:´:::|::::::::::::::ヽ{ヽ i i i :{ `Y j/
       .{:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::i  }} } } } ハ !
       .乂:::::::::::::::::::::|::::::::::::::|  リ j j j 从!

964 名前:山ぶどう ◆wFERcPg/2M[sage] 投稿日:2016/10/19(水) 00:56:02 ID:XPL8/l0w0 [4/4]
文字数でいうと2万前後くらいになるかと。
演出を増やしても3万は厳しそうです

344 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:06:35 ID:wYA.FcRs0 [16/25]
前スレ>>958-959山ぶどうさんのプロットです。
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    密かに主人公を想っていた男の親友が、願い事の叶うという
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     伝説に従ったところ本当に女性になり、主人公に近づこう
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   とする短編です。
.       /: : : : :.ー-、             /..:/ l!:../.     
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

345 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/10/23(日) 20:06:41 ID:rCRocQv.0 [6/7]
ペッタンペッタン

346 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:06:45 ID:wYA.FcRs0 [17/25]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    親友は『女性になって主人公と結ばれたい』という願いを
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     女性になったことで叶えられるようになりますが、
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   その一方で女性になったことで生じた内面の変化により
.       /: : : : :.ー-、     マ フ   /..:/ l!:../.      『それまでの自分』が消えていく恐怖を感じ出します。
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        『願いを叶えつつある自分』とその結果失われつつある『願いを
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         願った自分』の間で揺れる物語――
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>.      
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

347 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:07:00 ID:wYA.FcRs0 [18/25]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::// :::.|   \.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|               ..: .:|/ : :. ::.|    ――になりうるところではあるんですが、なってはいません。
     、  /:.: : -ハ.:.  三三     三三 j : : . : : ト、:!     というか、物語の核や『でーま』を何にするか決められないまま
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   書き上げてしまったのではないでしょうか?
.       /: : : : :.ー-、     ~~    /..:/ l!:../        先述の通り物語全体の『問い』になりそうなものは
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        出てきましたけれどもそのまま放置され、『答え』もない状態です。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ        これはいけません。
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、

348 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:07:13 ID:wYA.FcRs0 [19/25]
                _ __ _
      r  ―- ー とつ  ___  , 、
      |        -‐: : :/:. ::ハ:ヽソ ̄   - 、
      |     /::/ : / :/: :/ 、: : : :`ヽ    l
        / /: : /:: : : : : : ′/  、.::: : : :.\ ′
       レ' `ヽ: ::|: : : : : : /l: :l!   l!.:: : : :| ::∨
.       /     }.:: ::...:::⌒/ :::.|   ⌒.:.|: : : : :.ハ
     /  、_ ノ !: ::l l. /  }/     V.. :.:|: } : : .、
.      l    }: : : :|:.:.:|  ∩        ∩ ..: .:|/ : :. ::.|    この物語においては、
     、  /:.: : -ハ.:.   ∪        ∪ j : : . : : ト、:!     『女性になるという不可思議を叶えられ、おそらくは男性に戻す
       ヽ/: : :.{  V ''             '' }: :./!: :.:} ヽ.   という不可思議も叶えられるだろうもの』がギミックとして
.       /: : : : :.ー-、      з     /..:/ l!:../        重要ですが、
      /∧: : : :∨/`.: :、         ィV : :: :V.        『女性に変じる過程』そのものはさほど重要ではありません。
      /   V { V/:ヽ:.:.l> _   r<: : :{: :: : :ヽ         短編という性質を考えれば、ここは大胆にカットして
        Y_`/、 V \     i!-、ヽ:.:lヽ/ヽ、_.>       早急に物語の本題に移りたいところです。
        /  `ヽ\  /l!   ! ハ 〉.:/ 、           場合によっては、同様の効果をもたらす別のギミックに
                                   置き換えることも視野に入れて再考してみてください。

349 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:07:32 ID:wYA.FcRs0 [20/25]
           ,   ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- 、
         /              `ー──── 、
 r==ニニ二´ ,,,             ,,,    _____ /
 | //////  ◎          ◎   ∨//////// /
 | |///         o____       ∨////// /
 | |〆_         ,、/: : : : :i: : i`:ヽ、     ∨//// /
 '∧ーテ=二、_/: : : : : : : : !: : |: : :.:|:ヽ、  ∨// /
  ∨Y://: : イ: : : l: : !,: : : : : :l:.リ、VI: : :/!: : ,'l   ∨ /
  ∨/:{: :/: |: : :从ノ、: : : : : :|/l/ ト、 / |: :/│    〈
   \|: {从!: :{r=rttォ、、: : : :! イ云心下/ : |     ヽ     というわけで、『要修正』です。
     l从{,ハ: :{  マ、rム ヽ: :.|  マ、_∨,: : /│      ',    親友の内面の変化を表すならば感情の見えるエピソードを
     /`/: :ヾjハ. ∨ソ ,.Ⅵ   ゞ- '/: :/ : |      ',     増やすことをオススメしますが、書き口次第なので
    /./:イ: : : :八      _     /: :/: , /     __ノ     これは無視して構いません。
    /l.く 从: l: : : >. .,ィ-っ`  イ/: :イ:/    /  |     
   / |  {: :{: !从',: : / イ、.T、´r‐'/;ィ‐'´   __∠二二!     
    ヽ.>、VI/二ニ`/  イ,〉 `V卞ニ、─<____丿
      \___,r'´ /{   ハ    ヘ    `ヽ 〈
        / ./l \_ノ人!ー--'∧.   r' \}

350 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:08:30 ID:wYA.FcRs0 [21/25]
                    /{
                  /  > ´ ̄ ̄`ヽ、_
               /   ○       ○    ヽ―-  _
            __/      ===                >
            r'⌒  _,,二二二,,__  \r─-、_\  /
            〈.  イ: : /: : ∧|: :|: :广^\ (>‐─<} ヽ′
            /∨ :|: : i\/  |: :ト:|、/ 卜{,___  〉 ,'
           ,' /: : :|: /| /___ |: :|:│ ____|: |    ∧ |     と、ここまでが書き溜めです。
           V| /|: i 斤〒¬ |:.∧斤〒¬|:〈    | j    えらく短いですが、物語自体短編なこともあって
             ∨ |: i | Lノ   |/  Lノ  |: |    | 〈     指摘しにくいというのも本音。
            / :|: N            リ: |     〔 \..  
          {   |  Y          u 厶ィ|     ∨  }  
          |   | :人      マフ     /:|     [ ∨
         [  八: :.:|≧=r‐r-n-┬=ァァ7 ∧     [ リ
         ∨  \|\八 { /J 人 {/{厶ィ圦    フイ
           \____,,...イ`ー=彡 \乂_,彡ヘ__/ ∧
                     | \│  / /O○      |

351 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:15:08 ID:wYA.FcRs0 [22/25]
>でーま:性転換した親友と過ごす奇妙な2日間

                          ,-、    _
                         ノ,、 ヽ.   `っ )
       _,,、-‐‐‐‐‐-、,_, -‐‐‐-、,,/"/"ヽ ヽ  {_r'
       ヽ、 、---、   ___   '"./、、、.| l   o
        ヽ "'ー''' /:::::::::::::ゝ‐-、`'''、,;;| i
        ヽ'" ,イ::::::::::::::;ヘ:::::::::::::ヽ'' i、,'
            {. (:::;ィ' ⌒'´ ヽソ⌒(:(ヘ  i       これ、そのまま読んでしまうと『奇妙さ』がメインになるので
         V゙!小 〇     〇 从:i  i      キャラが中心の物語とはちょっと別物になっちゃいます。
           ヾ:((i "" 、_,、_, ""ハ:::ハ;ソ     先の講評中にあった私の解釈ではいけないことになります。
             ヾ;>n‐r‐;ァ‐<jル'ノ       何を見せたいかを考えてからじっくりプロットにしてみてください。
               r〈(__,)∨__ イヽ
               {    ̄} </   ヽ
               ` t─ 'ゝ‐{     }
             /` ー┬ミ辷彡
               / i l  l `ー' ヽ
                〈  | |  | \ >′

352 名前:山ぶどう ◆wFERcPg/2M[sage] 投稿日:2016/10/23(日) 20:46:42 ID:nEGR8kEQ0 [2/3]
講評ありがとうございます。

何というか、評価のしようがない物を出してしまって
申し訳ない気持ちでいっぱい。

主人公と親友の立場を間違えた感もあるし
夜の神社というのも今は簡単には入れないし
最後も違和感だらけで迷走しっぱなしでした。

353 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:47:42 ID:wYA.FcRs0 [23/25]
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     あ、別に山の神社がいけないということはないです。
         l  /         ――‐┐    |      |    
         l ,'        |      |     |      |    
         | ヽ.        \__,ノ     |      |     
         | l   \_ /!             | /     /     
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /     
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /       
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/

354 名前:どこかの名無しさん[sage] 投稿日:2016/10/23(日) 20:49:42 ID:rCRocQv.0 [7/7]
変なラーメンが出てきて芸人にリアクションしてもらうだけの出落ちか
変なラーメンになる過程をじっくり映すドキュメンタリーか

355 名前: ◆uN377XmBVY[] 投稿日:2016/10/23(日) 20:51:56 ID:wYA.FcRs0 [24/25]
             _   ____  ,. -─ '''ー ─ ‐ - 、
     _.. -‐ "´ ̄ ̄ ,,, ''"´      ,,, 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
      {:::::::::::::::::::::::::/◎   o     ◎ ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
      l:::::::::::::::::::/   _ ____        \::::::::::::::::::::::::::::::,'
     i::::::::::::::::/    ,.´'´    ``ヽ、      ヽ、::::::::::::::::::::/
     `、:::::::::/   // // //!/  ! l  \     ヽ、:::::::::, '
     . ヽ::::/  //__,,.イ /| |ト、   `ト       ヽ/
      .     !   // / || / ! |/  \ | \      \
         |  ,' i /|z=≠==   =≒==z|       |
         l  l !/ 、、、、           、、、、|       |     変なラーメンが結ぶ親子の絆パターンが
         l  /         ――‐┐    |      |     現在はもっとも多いですね。
         l ,'        |      |     |      |    
         | ヽ.        \__,ノ     |      |     
         | l   \_ /!             | /     /     
         |Λ / |//  |‐-  _  ___「ヽ-┤/l    /     
        | ∨  /  Ν\>ァ' ,⊥」  l/l//|  /       
             l   |-‐ヘ.  {,/   |  И/l/
             |    | l /フ○\_|   !ヽ.
             ゝ、_j j,/〈:::::::|:::::::〉| ノ} }
                 `7   ⌒⌒´  辷'ノ/

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する