クリックで開閉
最新記事
スポンサードリンク

やる夫の凸凹キャンパスライフ 第19話 後日談『 大丈夫 』

163 名前: ◆M541vYFpJA[sage] 投稿日:2014/12/06(土) 22:46:28 ID:ioEoR5CE0 [3/102]


                    ┌──────────────────┐
                    │その旅館には飯盛女がおったそうな。   .│
                    └──────────────────┘

┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|-|-|-|-|-|-|││
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||::::::::::::::::::::::::: ||-|-|-|┌──────────────────┐
┼┤│  ││;;;||-|-|-|-|-|-|-|-|-||─────||-|-|-|│飯盛女とは、奉公人という名目で半ば     │
┳┥│  ││;;[田田田田][田田田田][田田田田][│黙認されていた私娼である(wikipedia)    .│
┻┥└─┘,,|/==============================.└──────────────────┘
 ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ
ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
 ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄
==@==@==@==@==@==r─ー─‐-──ー┐@==@==@==@==@==@==
─────────‐|           .│─────────
:: : :| |;;| :::: :::: :____`ー─-─-‐ー─┘____:::::::::::::: :| |;;| :
  | |;;|   ::||三三三| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三|__|__,,ノ___,ノ___,,|三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|   ::||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三三||:    | |;;|
  | |;;|:::: /||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三 /:: :::::::::::::| |;;|:::::
| ̄ ̄| ̄ ̄|. ||三三三三||:::::: ::: :: :::::::: :::: ::||三三三|| ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|    |    |. ||三三三三||::::: :::::::: :: ::: ::::: ::||三三三||  |    |    |
|__|__|/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||_|__|__|_



.

やる夫の凸凹キャンパスライフ 第19話 後日談『 大丈夫 』の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/04/26 13:20 ] やる夫の凸凹キャンパスライフ | TB(-) | CM(0)

やる夫が徳川家康になるようです 第15話「天正壬午の乱」

403 名前:1[saga] 投稿日:2008/07/27(日) 22:41:50.66 ID:CyhBMUE0 [3/28]
おまたせ。投下します。

第15話「天正壬午の乱」

この物語は、東照大権現、徳川家康が天下を取るまでの、
苦難の物語である。

       _ ,, -ー=- 、
       ゝ、ニ 二 _ ミミV,
       マ二 ニ、 r' ..,,_ ヽソ,                    ,. ‐- .. _
       `ヽ、 { a`'  rt;j`'r'                  /  __  `` ー- 、
         |ノゝi     ,_ i                , ィ/   ゝヽ ̄ヽ ー- '
         /   t   -‐ ,´             _ / { {ヽ、_   ヽ' ノ_,.〉
        /!   `>、 _/_ -ァー- 、_ ... -‐ '    ヽヽ、 `>、..ノ=┘
       /j >-‐ ' ´/ /   /    /   _ノ      \ `ー '!
   , -‐ 7´/{⌒|  / _/   j                  >‐'
  / / //| 〉‐f/ \'    !                ,  ' ´
 / ,' > .|/ レ   ゚ノ    |           ,.. -‐ '"
/  {  ヽ |  /  /__  t     ,. -‐ ' ´

.  /:::!              ';:\
 /::::;、`--―――――――‐--'、;::ヽ
;ヾ/   瓶 割 り 柴 田    `|
  | .,、ィ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ _`''‐、, |
  'i:::::;' ~`'ニ,fュ、,__;  ;_,、r;jニ゙-゙'~゙、::`|
 ,ィ.、:l  '<i:::j'‐、┘ └彳::j''ァ  l:;ィ.ヽ
 |l !l      .::::: ::..        |:i'´ !|
 ',', |:i     ..::;;;::: ::;;,.      |::!,〃
. ヽ.!:|    ,、r'、-、;;;、-`ヽ    |:ノ i
   ゝ,   .,.ィ';ニ>_,=t、,,   i;''i'′
 /ハヘ .,ノ_ノ/゙――‐ヽヾ_ヽ、. l;リ
/  〉'iヘ  ̄ `f'=====''ヲ   ̄ /リ!
n  .ハヾヽ,   `'''大'''"   ;ィi彡′
::l/  ヾ,マミt;;ュノ;从\ ,r彡ソ! ヽ--、,,,,_

織田信長の死により、ふたつの争奪戦が勃発した。

ひとつめは、中央の覇権を奪い合う争いである。
織田家の跡継ぎを、信長の孫であり、
わずか3歳の三法師に決めた羽柴秀吉と、
それに不満を持つ柴田勝家の争いだった。

3歳児に政治ができるわけもなく、三法師を跡継ぎに推した秀吉が、
織田家の主権を握ろうとする意図は明らかであり、
勝家はそれに対して大きな不満をもち、これに対抗した。

やる夫が徳川家康になるようです 第15話「天正壬午の乱」の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫が徳川家康になるようです 第14話「継ぐのは誰だ」

686 名前:1[saga] 投稿日:2008/07/25(金) 19:35:17.97 ID:ONr1acQ0 [2/46]
第14話「継ぐのは誰だ」

この物語は、東照大権現、徳川家康が天下を取るまでの、
苦難の物語である。

              _,,,...:-‐‐=-..,,,_                     __,,.. - ‐‐ ''''"
.、           ,r'";; ;;       ;;\,,_          _,,.. - ‐‐ ''''"";;;;,,,, ,,;;;;;;;;;;,,,,,
;;;,`';;.、       ,,r'";; ;; ;,,,    ;;; , ;;; ;;;,`';;.、 --‐‐''''""';;; ;; ,;;; ;;;;;  ,,,;;; ;,,,;;
;;  ;;;,`';;.、   ,:r';;; ;; ,;;; ;;          ;;  ;;;,`';;.、 ;;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;;;;;;  ,,,,;;;
,,;; ,,;;;,  ,r'";;;,, ,,;; ,,;;;, ,,,,      ;  ;;  :; ;; ;;, ;;`';;、_ ,,,, ,,,,,,;;;;; , ;;; ;;;
 ;;;;  ,r'";;;;  ,,,;;; ;,,,;;; ;; ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ;; ;;`';;、_          __,, - ''""
;;;; ,r'",,,;;;;,, ,,,,,,;;;;;               " ''''‐- ,..,,,...  __,, -‐- ,... ,-‐‐''''",,;; ,,;;;, ,;;
,r'";;;,,,,,, ;;;;;,,,,,,,,;;;;;; ,,,                             ,,;; ,,;;;, ,,,, ;; ;;
                  _,,,,_,,、__
                   | 高松城  #(
                  |'''' ̄ ̄`' ̄ ̄
                   ∧
                   :;⌒>
                /⌒\
      _ __ ____]#;;皿[-∧-/l、
    /三//三三川三∧/\..,,|,,|「|,,,|「|ミ^!、
  __| ̄田 ̄田 /;;;;;~;;;;Π ~∩, ,,,|'|「|'''| ,|||:ll;|    
 /__,|=#/\=ハ, ̄ ̄|「| ̄l/ ̄\_, |「| ̄ ̄|
/_| ロ ロ 「 ̄ ̄ ̄ | | 田 |「|  田 田#(..|「|[[メ[|
|ll.|#ロ / | l⌒l.lソヽ| | ,#, , |「| #  ;;;;:;;;;  |「|ミミ#ミミ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :                            : : : : : : : : : : :
                ~   *  ~~          +    ~~
   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :   :
       ~~  *            +       ^^^        ~~
 :     :         :     :     :     :     :     :     :
⌒;;⌒゙ゞ)ヾ         +                           *
,,;゙;;;゙゙メ;;;;゙゙ゞ))"^""''--= _,,,,...._ _ ...._,,,....-''''" """"  ̄ ``- -- = = ...,,, ,,,, ,, ,,,_
;,,,,;;::ソ;;;゙;;::゙::;))           .,,,           ..,,          wiiw

時間を再び、やる夫達の伊賀越えの前に戻す。
6月3日未明……本能寺の変の翌日。やる夫達が、
山城国を越え、まさに近江の山中に入ろうとしていたころのこと。
羽柴秀吉の軍勢は、備中(岡山県)の高松城を水攻めにしていた。
川の流れを変え、低い位置の城を水没させ、孤立させてしまったのである。
秀吉の城攻めは有名なものが多いが、中でも名高い「高松城水攻め」である。

毛利軍は既に近くまで迫っていたが、秀吉は陣地を構え、長く戦えるような工夫をしていた。
秀吉軍は3万、毛利軍は宣伝では5万だが実数は2万から3万といったところであった。

しかし毛利軍を指揮する吉川元春と小早川隆景は名将であり、苦戦が予想された。
秀吉は信長に援軍を要請し、一気に毛利と決着をつけるつもりだった。

やる夫が徳川家康になるようです 第14話「継ぐのは誰だ」の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

やる夫で学ぶ本田宗一郎 第36話

417 名前: ◆C.B5VSJlKU[] 投稿日:2012/05/29(火) 04:13:00 ID:HYd3kr.E0 [1/141]
            _   ,/`i   _,,.、
         ,. ‐ '"´     ̄    l‐''"  `、
     /              l    ヽ`、
     ,.'         i j|   .| `、  `、、
.    /     /       ,' ∧ !   l、 `、 ヽ:、        勝った……。
   '   i /      /l / ゙!.|   |`、 ゙i  `{
  | |/ /   -ァ7フ´ !|   | `ー:- l.  `、
   |  ∨/    ,/_//=、 |   l __゙l  l  、 `、
  !   l/   ,. /て,`  /  /;ィ^ミ、l  ! .l   ゙.
    l . l   ,:'∨i′,|!|  ∧ /.| 'ー!}〉! ! | ト、 l
.    l ! l   / '|^!`゛ノ,! /.ィ゙=! トイ,l '/!/ l | ヽ !
    l|! λ  .l.弋"  '"ノ 、ヽ`''' i ノ  ,リ |,!
.    l.| 、 ハ  ヽ /// '"  _  `//j゙|  /′ レ'
     }!  ソ ト  ヽ,、、     _,.. ィ }/
.    /   〃`、  `、 ``iニ'''"|   | |
.    //  ,// /ヽ  \ ヽ_`-L__ | ト、
   //  /<‐- _ \  \ `ヽ  |i| `、
  ,//   /‐-=三._ミヽヽ /Y゙トi ̄Yミヽr、  `、
 〃  〈/ ̄``丶`_`ミr;/|| 「l  {ヘヽ ヽ  `、
ノ    / |      ` |/ ' .' ' ト、 `!  |  `、

     八木静夫(ただいまお休み中。演者:高良みゆき. @らき☆すた)

           /::::::::::.....    、
          /::::::::::::::::.... _ -‐‐-`z___
.       /:::::::::::::::::::_-‐'´_ -‐' ´      ̄〉
.        /::::::::::::::::::;r' , -'    _ -‐ ‐ - ∠.       
      /:::::::::::::::/ /:::::::... -::::::::::::::::::::::::::::::丶、     
      〈::::::::::::/ /::::.. , ' ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\    昭和29年危機に端を発したTTレース。
       \::./ /:::. / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.         `>'::::::.. ,.´:::::::::/::::::;::{::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::ハ  思えば常に敗戦処理の苦しさが付きまとっていた。
         /:::::::.. /:: {:::::::/:::::::/八::::::::\:::\:::::::::::::::::::::::|
         |::::::.. 」::::::::::::/::::/-―丶:::::::::\‐-::::::::::::::::::::|  誰もが世界との埋めがたい差に愕然とし、
        |__」::::::::::∨/{_,斗=ミト\:::、::|\::ゝ:::::::::::::|
          ';:::::::/ヘ::::::` Vし:::/ ` ヽ斗=ミ辷=-::::::'  時にはどうしようもない悲劇に遭遇した。
            ';:::::::::::::::\:トヾー゙'       ヒ:::ツ/:::::::::::/
             }ヘ:::::::\:::iヽ ''     ,  ,, /::::::::/
              ヽ:::::::込   ┌‐-,    仏ィ"
                 ?Vヘ`ト   ` ‐ イ:::::/ノ/77´}
                ノ┴-ミ   〕≦  |//)゙ / / /゙h
               ∠z―-ミ `圦え__   //   し / j
             _/        `ヽ介ト辷/        ク1
           辷^辷^辷^辷? {:l:|::{ 辷^辷z  /. ′
          〃.:::::::::::::::::::::::::辷?V::/´ ̄ `ヽ.えィ゙イ
           i{:::::::::::::::::::::::::::/::::辷^V      V辷フ}
           i' :::::::::::::::::::::::/:::::::::辷;' ノ    o/辷フフ
           |∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::::{_     o/辷フフ
           |/∧:::::::::::::::{::::::::::::::::/\`ヽ o/辷フフ
           |//∧:::::::::::::::::::::::::::/   )ヽ../辷フフ

      司会(演者:蒼星石 @Rozen Maidenn)

やる夫で学ぶ本田宗一郎 第36話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/04/26 13:18 ] やる夫で学ぶ本田宗一郎 | TB(-) | CM(0)

やる夫で学ぶ本田宗一郎 第35話

229 名前: ◆C.B5VSJlKU[] 投稿日:2012/04/26(木) 20:52:02 ID:9QuJa5bE0 [2/166]
                       。  。
                    。っつっっつっつ゚
                 __っ゚ー==っ。つ つ。っっつ  ザッパーン
              ,,r'"~  __。っつっっつつ゚っっつ。
             /    ,,r'"彡三三。ヽ っ。つ っ。つ
           /  //彡≡≡≡ミミ   っ。つ。っつつ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
         /  /////     ヾヾヾ っ。っっっ            . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       / //////       ヾヾヾヾっっ。っ。っ         . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
      /  /////////         i i i彡っっ。つ゚っ        . . . . : : : : :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
彡彡ミ/   ////////// / 彡彡ミミ===彡彡っ。。つ っ。彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡 /    /////////////彡彡ミミ ≡≡≡彡。つ っ。≡≡彡彡ミミ≡彡彡ミミ彡ミミ≡彡彡ミミ彡彡ミミ
/     /// i i i i i i i i i 彡彡ミミ彡彡ミミ⊂彡。彡ミ≡彡彡ミミ≡≡゚彡。ミミ≡≡≡彡彡ミミ彡彡ミミ彡ミミ
彡彡// i i i ヽヾヾヾヾ。ヾヾヾ゚つっっ。三彡彡ミミ三三三三彡彡ミミ三三三三三彡彡ミミ三彡ミ。っつっ。彡ミミ


                  ,,,.ii..,
                ,,。..,ll::;;liii|,,..,,,
───ーー────ー-"───ー-─’──ー──ーー─────ーー─
... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....::::: .:.::.::. :::::::..        ...:::::.:.::.::.       :::::::  .....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.::::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
 .....:::::.:.::.::.:::::::.....:::::.:.....:::::.:.::.::.::    :::::.....:::::    .:.::.::.:::::::.::.::.:::::::.....:::::.:.::.::.:::::::
 ... ... :::..:...........       ..:::::.:.::.::.::::::: ... :::..:.............:::::.:.::.::.:  :::::: ::: ..:: .:.::... .... ....
:::..:.............:::::.:.::.::.::::::.::.:::::::
 :::..:.............:::::.:.::.::.::::::;    .::.:::::::.::.::       :::::.::.::::::    :ザザーン
" '”・' '.......:::::.:...,。,・'"" ””" '゚゚ ' ,.,,....:::::.:...,。,'""”:..., ,'""’’゚゚" ' ' ' ,.,,....:::::.:..., ,
 .,.,,,_  '”・' '”・'           '”・' '”・'      '”・'         '”・' '”・' '”・'
          .,,, ..,.,.,   ,,.         .,,, ..,.,.,   ,,.
_______________
_______________,,,/|  .,,, ..,.,.,   ,,.
 ::   ;; 。 ...  :: ;   ;;  | ; |
 / ̄\        。  : ;;...| ; |     ,.    ∧_∧  .,,, ..,.,.,   ,,.
;..|  。,, | ;;..      ;;  ;;...| ; | ,.       (;;:;:;::::::::),,
;..|    |""'''  ̄""'''  ̄""''' ""''' ''' "" /  ̄ ̄(::::::::::::.;,ノ ̄ ̄ヽ
 i._ ,-/⌒i''i                \____/::::ヽ::::)___゚ノ~"'~ー
   レヽ,,ノノ              "''' "  .;; .,,(___(___,,)"''' "

やる夫で学ぶ本田宗一郎 第35話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/04/26 13:17 ] やる夫で学ぶ本田宗一郎 | TB(-) | CM(0)

やる夫で学ぶ本田宗一郎 第34話

171 名前: ◆C.B5VSJlKU[] 投稿日:2012/04/21(土) 23:05:30 ID:1aR0FpDk0 [2/46]
           ,..-‐==‐‐vー-...、  
         ,.イ: : : : : : : : : : : : : : : ヽ
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
      ィ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::ハ
      /: : : : : : ; :ト、 : ヘ: : : : : :: : : : : : :ハ   久米氏だけでなく新村氏も忙しかった。
      ,': : : : ;': :/:;ハ ヾ、_ ヽ: : : :l: :i: : : : : :|
       | l: : :i:L:ム' ヽ:ヽ-ミヽ: : :l: l : : : : lノ
      V :i: l:レ'     `ー゙  `゙ー| l: : : : ;ハ
        ヘ::|:从 zェ彡   ミ:ェz j/: : : :/
       ゙!: :ヘ.          /: :,l: :/
        ',: : l:ヽ、  r-,   ,.イ: :/ レ
          ヘ: トル'.`≧ー彡?レ′
          rヾ:f ´ ,ィァ幵=ミぇ、`Yあ、
           l:::ア| rク/_/ハマ、寸  |アハ
        ,イ:::マ| `゙ミ;イ| | トミク  .|ア::ヤ       
.       /:::::::「ヘ.   |:| |:|.    jア::::λ
      /:::::::::::::::ヘ   l」 l」   /:::::::::::ヘ

       司会(演者:蒼星石 @Rozen Maidenn)

やる夫で学ぶ本田宗一郎 第34話の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2018/04/26 13:17 ] やる夫で学ぶ本田宗一郎 | TB(-) | CM(0)

【安価】やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日-5

223 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2013/10/20(日) 22:04:31 ID:wsXjygp6 [4/23]



              _  _ r=-r=-、 __
            _,rf=-, ‐´  ハ  ̄`ヾ-t_
            〈_rf /          \|
              ゝ y            ハ
             '     /
               |     _/ { |    i     !
               | 川_/ |` | |  j 川 j  リ
               fヽ! .|テぅぇ乂 ノ/ /〃 /j
                 〉|l  `¨ `   rfチyハイj
             /.从          `¨.j lノ       よろしくなぁ?
              / \ 、 _' _,   ∧ハ
               (  /ヽ  -‐ '
          r‐厂`Y¨7 ` -===y′ー ´l- 、
         /::::::厂] / ー-  r‐ ' | | _ 」::::ハ
        /::::::::[ ̄] !rァ( _⌒_ ) ,j j_[:::::::::〉
       ノ::::::::::::ヽ「 7=ナ、 f⌒ヽ、jヽ-r‐t/::::::::\
      〈:::::::::::::::::/::::ヽ'、/Lヽ /ヽ/⌒!:::::::::::::∧
       >:::::::::::/::::::::::::ハ/ヽヘ/::::::::::: |::::::::::::::::::〉
     /::::::::/:::::::::::::::::::ヽ-〈 /::::::::::::::::八:::::::::::::〈
    〈::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::::〉__]::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::ヽ
.     〉:::::´::::::::::::::::::::::::: /:::||:::`ヽ:::::::::::::::::::::\::::::::ノ
     |:::::::::::::::::::::::::> ´ ::::::: ||::::::::::\:::::::::::::::::::::ヽY
     {::::::::::::::::::/ j::::::::::::::: ||::::::::::::::::\:::::::::::::::::::〈
     ∨:::::::/-=ニ二二二二二二二ニ=-ヽ:::::::::::::::j
   -=ニニ=- '二二二二二二二二二二二二二ヽ:::::/二ニ=-
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 魔女から仕事を頼まれてしまった、それも割と面倒臭そうなのが。やり方によっては
┃ 楽に片付けられそうだが、考えようによれば荒事にしかなりそうにない仕事だ。ただ、
┃ 報酬は得られた情報の重要度を鑑みて決めるそうなので、十分に考えて行動しよう。
┃ どうせなら、報酬は高い方が良い。


【安価】やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日-5の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日-4

306 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 22:09:45 ID:C9jG09S. [14/40]




.    ∧∨========ハk/キ≦/ヘ∨./r' ゚ソ__ハ∨///_八厶斗==ニ ( ヽ}三三三三三二ニ≡≡==
三三三ム∨三三三三三三 }ii{ >}´|l|lll|三.∧'.{{ 乂 __  ト }}イ { `ゞii厶斗==ニ二} i|片=≦   -==≡≡;;;;}{
====! 斗 = = ===斗セ≧.!.!l |==ゝ.ゞミノ}八/.イ}=z:|   }  | : : |   ||    .|:|     || }{ .ji_i:! _ ハ
.      |否!   __   |iiii{{否}}{l{lll{    |iii|>=彡く:!:::::|   |  | : : |   || _ .|:|    ii ハ∨::∨-从 } {:::::|
.      |iiiii|   |{゚ω゚}|   !iiiiiゝ.イ |l|lll|     |iii|{{__}}、@ }}::::::!   !  ! : : !   !! |:::::::||:|__(_)_}::::::} |::::}(__)__j
.      |iiiii|     ̄ ̄   .!iiiii!  .|l|lll|     |iiお    ̄!:|:::: |   |  | : : |   |||:::::||:|三二ニ≡≡≡≡≡≡===
三三三三|iiiii|三三三三三_.」iiiiiL三 |l|lll|三三@Y⌒i トvえ| !:::: !   !  ! : : !   }! |:::::::||:|  .Y .ハ.⌒ヽ     ||
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r――――ziii+.|{.|l|lll|   @ゞ=彡咲咲 |::::::!  __|  | : : |◎ ||+≦」:!  !  }  }}== 从 /∧
 |{ |{ |{ .!iiiii! |{ r=ァ====≦_ .!..|l|__!__ |_____|艸艸艸!: : | ./ハ _: ::!__  ||    !!  ゝ=彡 乂_Y ハi i ii|
 ̄ ̄ ̄`ヽ三三  ? t=ァ//ゝ=彡 . |l{::`.< `ー-'´|____|Li::::::| {_彡' |  | / .ハ/⌒ヽ.  || }-=ニ二三_=ゝイi i i j
====彡'____   ̄ ?   .?  .|l|l>  `.<   _乂ノ ̄  > {zzz}ム//{   ':!  ||////   ||//, ̄三二ニ==-
|| /イ ((___))         ̄  .L!ll!::::::::> .`.<`ヽ__}{__`ヽ     ゞイ八 彡'<.!!///!   .||///⌒ヽ
>―<  ∨/         Y´ ̄ ̄`Y!:::::::::::::::::::>  `. <     弋__ノ        ` <.... ||/i{   ,i≦
ミ===彡  ./∧        乂__.ノ.!::::::::::::::::::::::::::::::>  .` .<   _}{_             ` <ム ,.イ/  {
 ∨/   . ̄ ̄         ゞ===彡 |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>   ` <                 ≧彡'=台
 /∧               Y´ ̄ ̄ ̄ `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::>   .` <
.. ̄ ̄               ト`ー===彡' }:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>    ` <
                   >== ==≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                 ≦三ノz_____zム::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>     ` <
                      }} ||{{::>====ミ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>      `
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 思考は巡る、当人達の状況や事情を置いてけぼりに。
┃ 
┃ 魔女は訝しむと共に僅かな不快感を覚え、刹那はただ煩悩に塗れる。そして、それに
┃ 晒されるやる夫は、ただ困惑するだけであった。
┃ さて、元々土産を渡しに来たのだが、これは…………。

┃ 1.魔女に声を掛ける
┃ 2.刹那に声を掛ける
┃ 3.徐にカウンターに座る
┃ 22:12 1D4


【安価】やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日-4の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

【安価】やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日-3

826 名前: ◆IL/7VRqS7E[sage] 投稿日:2013/10/19(土) 00:37:00 ID:AaBcJSPk [6/17]







              ,,ィニYヾ=∠Yヽ、
             ,イケシーヾ‐ゞミヽ`ヾ},、
            fテ'´       `ヾ}、ヾj
           /              マy,i
          /               マ}|_
       r'´7/     /| i   λ     |"ヽ`ヽ、
       {`/´!' /  /|/_リ!  / _,リ| l   l|ヽ、_ヽr'|
       `Y リ i l !j尖ッ、! j/仟テj| l l | |   ノ,/
        |  ?リ|λ ` |,/ノ ` ´ リ | ノ リ'   | |      う、えーと……
        У/`|ヾ,人  ノ〈    イリノ .|ヽ、ノヽ'
        ヽ,/  |  |rヽ  ‐_-=  イ,i|   |  ヽ \     「もっと足の間を狭く。股を開いてはなりません。
      _、┴―|  | {={>--<ffシ}i|   |__,r‐'`7'"´      つま先を内側に向けるようにして……」
     /  ヽ.  |  | |(`| ̄|´ )/   / ,/`ヽ!
    . |     ヽ |  |,、f´_j c }  j/  ,/ /     \_
    . |     ヽ| ./,  ヽ ヽ,‐-/  ,// ´     |
     !,      i'´ 、 \ _ '! }'-、  /  "´      イ
     ノ,     | 、_ ヽ、ノ-'`´_/  / " ´      |
┏━━━━━━━━━━┓
  システムメッセージ
┣━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ スーパー淑女タイムはじまるよ! さて、男と女の身体的構造は違う。まぁ、股の
┃ 間にあるかないかの問題だが、これが非常に大きく構造的な律動を変えている。
┃ 要するに歩き方から立ち方まで大分違うのだ。男性の頃の感覚に頼るやる夫は、
┃ スカートのせいで目立たないが、どちらかというと若干がに股気味で開き気味……
┃ これでは男のような立ち振る舞いだ。

┃ ・問題 ルガーとルーガー その差を正式名称や製造会社などを交えて二行程度で
┃  論述せよ。このレスから5分以内とする



【安価】やる夫はスカヴェンジャーのようです 30日-3の続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加

ドピンクなライーサ

965 名前:ごえいかん ◆hgRYN2/rZg[] 投稿日:2017/02/04(土) 01:05:09 ID:CpG5cdnw [1/8]
                       _
                      /  ` 、
                 . -'‐ _   j
                    /     `¨´ ヽ             「このスレの埋めネタは重い想いのライーサにしようかな」
               /          }
                イ            \
                /           マ
             /〃           ヽ       私のキャラ付けがサーニャさんよりヒドい気が
                {/l{ { l l 、  ,   / ノ ,/l }
               ヽトlヽl‐ヽ /l イ,イ/′′
                 j斗ャセ¨丶./
                , ‐ ¨       .!  \
                ハ       .'    ヽ
               j  ',         '       !
               /  i      .'     / .!
              /   .!     '    /  l
             /   l!       {   ./   .l
           /   /!.._     } _}   .!
           /   /: : : :  ̄: : l: : : :!   .l
           /    /: : : : : : : : : l: : : l   l
          /   /l: : : : : : : : : : l: : : {    !
.        /    /: : : : : : : : : : : !: : : ',  .l
.        /    .{: : : : : : : : : : : : !: : : :.',  .!
.         /     /: : : : : : : : : : : : :!: : : : :', l
       / `丶、./: : : : : : : : : : : : : :l: : : : : '.,.!
       /    / : : : : : : : : : : : : : : !: : : : : :ヽ
     `丶、 /: : : : : : : : : : : : : :_ト _: _」
.       l `T -―---―=ニ二 -'-‐ ¨「
         ! .{      `r ‐i´      l
       ヽ i       .!  l        !

ドピンクなライーサの続きを読む




このエントリーをはてなブックマークに追加